私が実際に訪れた石垣島のおすすめビーチの紹介

石垣島に訪れる観光客は年々増加傾向にあります。
2013年に南ぬ島石垣空港として空港が新しくなった事も要因ではありますが
その中で毎年石垣島に訪れる観光客もいるのではないでしょうか。
私もその一人ですが、私の場合はなんといっても海。
シュノーケリングがメインになりますが、たまにダイビングもやります。
そんな私のおすすめするビーチを紹介したいと思います。

石垣島のおすすめビーチ

米原ビーチ

yonehara_1

石垣島でシュノーケリングスポットとしては一番有名な米原ビーチ。
ここは私も毎年必ず訪れるビーチになります。
なんといってもビーチエントリーですぐに様々なサンゴが見れる事。
一番最初に訪れた時はちょっと感動してしまいました。
ただし、いくつか注意点などがありますのでこれから
行かれる方はぜひ参考にして頂きたいと思います。

潮の流れが速いところがある

これはビーチ入口にどのあたりが流れが速いと書いてありますので
必ず確認して、潮の流れの速いところはあまり近づかないようにした方がいいでしょう。
実際に事故が起こった例もございます。
石垣島の旅が楽しい思い出のまま終わる為に危ないところは近づかない方がいいでしょう。

干潮ではなく満潮が狙い

海水浴を楽しむという方もいますが、ここのビーチではやはり
シュノーケリングを楽しんだ方がいいと思います。
そこでとても重要になるのが潮の高さ。
干潮時は潮が引いてところどころサンゴが海面に出ていて
泳げる範囲がかなり狭まってしまいます。
あとサンゴを傷つけてしまう要因にもなりかねません。
そこでおすすめなのが満潮時にこのビーチに行くことをお勧めします。

ちなみに、干潮か満潮かは気象庁が提供している潮位表を参考にするといいと思います。

満潮でしたら、サンゴを気づ付ける心配もなくシュノーケリングを楽しむ事ができると思います。

服装にも注意

これはどこのビーチでもいえる事ですが、
シュノーケリングを楽しんでいると気になってくるのが日焼け。
私も最初は海パンにシュノーケリングセットだけで泳いでいましたが
日焼けが痛く、しばらく(数日)ヒリヒリが取れませんでした。
なのでラッシュカード等のマリンスポーツ用品は必ず準備した方がいいと思います。

後、何年か前にこのビーチでクラゲにも刺された事がありました。
その時はラッシュガードを着用していましたが半袖のもので下は海パンも
隠れていない腕や足にミミズ腫れがかなりできてしまいました。
なのでできれば上は長袖、下は踝くらいまであるものの着用をお勧めします。

ビーチの左奥がおすすめ

※これはシュノーケリング上級者向けです。
このビーチの左奥。このポイントはぜひおすすめしたいと思います。
米原ビーチの楽しみとしてアウトリーフがあります。
このビーチのアウトリーフはダイナミックな地形であり
サンゴがびっしりつまっていてとても見応えのあるポイントになります。
ビーチから200~300メートルくらいでアウトリーフにたどり着けるのですが、
ビーチの左奥のポイントについてはそれほど沖にいかなくてもアウトリーフが見れます。
ただし、流れが早い時もあり波が立っている時もあります。
そういう時は近づかないようお願いします。
何度も行っている私もちょっと波が立っていたり風(カーチバイ)が強い時は
近づかないようにしています。

yonehara_2

このような注意点をしっかり把握しておけば
このビーチで楽しくシュノーケリングが堪能できると思います。

ちなみに2015年に簡易トイレと簡易シャワーが新しくなっています。
また、この米原ビーチのどこかのポイントで昔マンタと遭遇した事もありました。
こういう楽しみもあるという事ですね。

米原ビーチの北側

yonehara_kita_1

米原ビーチの北側、ここもおすすめするポイントになります。
実はここの行き方はあまりネット等では出ていません。
ですが、先の情報を見るとなんとなくわかると思います。

米原ビーチ沿いから歩いてはいけない

まず米原ビーチ沿いから歩いてはたどり着けません。
位置的には大体、ヤエヤマヤシ群落のビーチ側になります。
もちろん、駐車場などはございません。
車はきちんと駐車場に止めましょうね。住んでいる現地の方もいますので。

こちらに行ける方法の一つとしては、青の洞窟のツアーに参加する事になります。
石垣島の青の洞窟というのは本島などの青の洞窟をイメージしていると
ちょっと違うなと思ってしまうと思いますが。

このツアーの中には、青の洞窟と洞窟前のビーチでシュノーケリングできるものがあります。
こればっかりはいくつか申し込んで確認するしかないですが、
ジャブローさんのツアーではシュノーケリングが行えました。
興味がある方はぜひ。

洞窟の中を通るようなスポット

yonehara_kita_2

ツアーで参加するだけあって、ちゃんとインストラクターもついていますので
初心者でも十分に楽しめるポイントになります。
といっても初心者向きのシュノーケリングスポットかと思ったら大間違い。
ここの地形も面白く、洞窟の中を通るような感覚を味わえるポイントもあります。

ただし、ここも風の影響等で波が高くなる時がありますので、
その時はしっかりインストラクターの言う事を聞くようにしましょう。

白保海岸

shiraho_1

ここも言わずと知れた有名なポイント。
北半球最大といわれるアオサンゴが見れるポイントになります。
また海の透明度も申し分ないと思います。

アオサンゴ群落までは岸から1kmほど離れた場所にあり
泳いでいくことはあまり好ましくない(おそらくできないと思います)と思いますので
白保集落にあるシュノーケリングツアーや船で行きます。

私はカヤックでアオサンゴ群落までいってシュノーケリングもできる
ちゅらねしあさんを利用させて頂きました。
アオサンゴ群落のポイントにいくと、周りはアオサンゴだらけで圧倒されると思います。
アオサンゴに限らず、ここまできれいなサンゴが確認できるのは他にはあまりないのではないでしょうか。

貴重すぎて新空港建設へ影響

ちょっと話はそれますが、現在の新しい新石垣島空港の計画当初は
白保地区の沖合に海上空港として建設される予定だったそうです。
ですが、白保サンゴ礁の重要性が認識されるようになると反対運動があり、
この案は撤回されたといった経緯がございます。
多くの観光客が来ることはいい事ではありますが、
自然を第一に今後も考えてほしいものですね。

フサキビーチ

fusaki_2

ここはフサキリゾートヴィレッジにありますビーチになります。
シュノーケリングではなく、単純に夕日がきれいなビーチになります。
夕方になるとカップルがたくさん集まってくるポイントとしても有名なところです。

ちなみに私は石垣島初年度にここのホテルに泊まって
ここの夕日を見て、夕日を見ながらバーベキューして
完全に石垣島のとりこになりました。

真栄里ビーチ

ana_1

ここはANAインターコンチネンタル石垣リゾートにあります、
おそらく市内からもっとも近いビーチになると思います。

ここもシュノーケリングというよりは海水浴を楽しむといった感じです。
私が行ったときは子供連れのファミリーが多かったように感じますが、
ネットもはってあり、波も全くなくプール等もございますので
安心してお子さんと遊べるところではないでしょうか。

シュノーケリングを目的とするとちょっと物足りないビーチになります。
ですが、ここはホテルが豪華でパターゴルフなどもできるので
海以外を満喫したい方にはおすすめかもしれません。

yonehara_4

どうでしょうか。
まだまだ紹介が足りないところもございますが、
定番のところからちょっとしたスポットまでいくつか紹介いたしました。

石垣島に立ち寄った際にはぜひ行ってみてくださいね。

直行便で行く二泊三日の格安イチオシ石垣島ツアーはこちら

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください