二泊三日でも全て行ける石垣島観光では外せない絶景スポット

石垣島旅行をする中で、最も多いのが二泊三日のプランだろう。
その二泊三日のプランでも十分に訪れる事ができ
満足できる絶景スポットをまとめてみた。

また今回まとめてみたのは、石垣島の中での
絶景スポットになり、竹富島や西表島などの
離島の絶景スポットは、また別の機会でまとめてみたいと思う。

ではぜひ旅行の参考にしていただければと思う。

川平湾

CIMG0041

まず、川平湾は絶対に外せないスポット。
黒真珠の養殖場としても有名なこの場所は
訪れた事がない人でもどんなところか
想像ができるのではないだろうか。

満潮時、干潮時で海の色合いが変わるので
時間があればどちらの時も訪れる事をおすすめしたい。

後、グラスボートで川平湾を遊覧できるので
初めての方は是非グラスボートもおすすめする。

ただし、一つだけ残念な事がある。
それは年々、石垣島への観光客が増えており
若干ではあるがマナーの悪い観光客がちらほら見られる。

特に外国の観光客が昔よりだいぶ増えてはいるが
日本人の中にもマナーの悪い観光客がいるので、
マナーは考えて欲しいものだ。

玉取崎展望台

IMG_0874

こちらも石垣島では外せないスポットの一つ。
石垣島の東側のエメラルドグリーンの海を一望でき
ポストカードにもなりそうな景色に心も踊る事かと思う。

また、東シナ海と太平洋の両方を同時に楽しめるのも
この場所の魅力ではないかなと思う。

また、ここからは石垣島の中で一番狭い場所と
されている舟越という地域が確認できる。
なんと、東西の距離が270メートルしかないというところ。

この展望台で眺めて、実際に車で
行ってみるのもいいだろう。

平久保崎灯台

CIMG0511

私はここが一番好きかもしれない。
石垣島の最北端にある平久保崎展望台。

ダイナミックというか地球は丸いというか景色に圧倒されてしまう。
毎年、石垣島に行っている私でも毎年ここには立ち寄っているほど。

ただし、海岸沿いにあり季節によってはすごく風が
強い日があり、帽子とかをかぶっていると、
飛ばされる可能性はあるので、風が強い日は要注意だ。

小高い丘もあるが風が強い日は無理して
登らない方がいいだろう。
私は老人が風で倒れたのをみた事がある。

また、レンタカーで行く人がほとんどかと思うが、
風が強いとレンタカーのドアが風に持って行かれてしまう。
レンタカーでのドアの開閉にも十分注意はしてほしい。

御願崎灯台

CIMG1404

ここはサンセットで有名な景勝地だ。
是非、夕日を見に行ってほしい場所。
ただ、日没後の運転には十分に注意してほしい。

ここも平久保崎展望台と同じくらいダイナミックな景色を楽しめるが、
ちょっとした崖もあるので荒々しい波を見る事もできるので
平久保崎展望台とは違った景色を楽しむ事ができるだろう。

ちなみに、この御願崎灯台の近くには本などに載っていない
穴場のシュノーケリングスポットがいくつかあり、
シュノーケリングを楽しむ人にとってもいい場所だと思う。

バンナ公園

IMGP1852

市街地から車で10分程度で行ける、石垣島の中央に位置する
亜熱帯直物に囲まれた大きい公園であるバンナ公園。

ここの展望台からは、石垣島の海を一望でき
また島の人が散歩していたり、子供が遊んでいたりと
ちょっとほこっとする場所である。

ただし、この展望台からの海は結構遠くに見えるため
天気のいい日に行くか、海が見える展望台を望んでいる場合は
玉取崎展望台などに行った方が、間近に海を見る事ができるだろう。

夜になると石垣島の夜景と星空を同時に満喫できる場所で
実際に、夜に観光客をちらほら見かける事がある。

また、セグウェイ体験もでき野鳥や自然観察しながら
バンナ公園をセグウェイで周る事も可能だ。
時間に余裕がある方は是非、セグウェイ体験をして頂きたいと思う。

補足だが、広大なバンナ公園の入り口はいくつかある。
例えばセグウェイツアーをする際には北口だが、
ナビで行くと非常に分かりづらいのが難点か。

野底マーペー

DSCF2243

ここは石垣島観光をする人のほとんどは
訪れない場所ではないだろうか。
麓までは車で行けるが私がおすすめするのは
頂上からの眺めだ。

そう、軽いトレッキングが必要という事だ。

登った達成感もあってか頂上からの景色は最高。
石垣島を一望できる本当に最高の場所だと思う。
20分もあれば十分に登る事ができるので、
是非一度は立ち寄ってほしいところである。

ただし、服装には十分に注意してほしい。
私は半袖短パンで登っているのだが、
万が一転倒した場合を想定して
以下の準備がいいだろう。

  • 長袖シャツ及び長ズボン(夏は暑いので羽織れるものがいい)
  • スニーカー(サンダルや島ぞうりは厳禁)
  • サングラス(日差しが強い)
  • 帽子(日焼け防止)
  • 軍手(転倒した時などに有効)
  • タオル(汗拭き)
  • 水(水分補給)
  • デジカメ(景色を撮るため)

後は、木の棒が落ちていればそちらも
持って行った方がいいだろう。

場所によっては、とてつもなくでかい
蜘蛛の巣や木の枝などが道を塞いでいる場所ある。
木の棒があれば、それらを避けながら進む事が
できるだろう。

また、頂上で弁当を食べるとかもいいと思う。

理想の絶景スポットの周り方

IMG_0941

では、二泊三日の石垣島の旅行でどの順番で
絶景スポットを周ればよいのか、以下の通り、
私なりの効率のいい順番を紹介したいと思う。

今回紹介したところを行く順番としては
以下が一番効率がよいかなと思う。

  1. バンナ公園
  2. 御願崎灯台
  3. 川平湾
  4. 野底マーペー
  5. 平久保崎灯台
  6. 玉取崎展望台

上記の流れだと、どこの絶景スポットから回っても
スムーズに行ける事かと思う。
そこは、石垣島で宿泊するホテルの場所を
考え決めるといいだろう。

また二泊三日もあれば、絶景スポット巡りの他に、
シュノーケリングを楽しんだり離島に行ったりできる時間も
十分にあるので、余裕を持って紹介した絶景スポットを
楽しめると思う。

最後に

こういう情報を事前に把握しておくと、
よりスムーズに石垣島旅行を楽しむ事ができるので
石垣島旅行前には是非チェックをおすすめしたい。

また私も毎年、二泊三日か三白四日で石垣島旅行に
行っているので、新しい絶景スポットを見つけたら
随時更新していきたいと思う。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください